ビューティー

カフェドプロテイン授乳中は控えなきゃいけないの???

カフェドプロテインに関わらずプロテインは授乳中は避けたほういいと記事をよく目にしますね。

Yahoo!知恵袋でもよく見るよね。

カフェドプロテインってどうなんでしょう。

あくまで私個人の利用したいためにまとめたことなので、同じようにカフェドプロテインを産後ダイエットや栄養補給に利用したい方のお役に立てれば嬉しいです。

最終的な判断は赤ちゃんのこともあるので、かかりつけの医師に相談の上検討してみてくださいね。

カフェドプロテインは授乳中飲んではいけないの?ビタミンAの摂取量が問題?

カフェドプロテインはソイプロテインやホエイプロテインを合わせたハイブリッドなプロテインとなっています。

プロテインのたんぱく質が授乳中に子供に影響するという事よりも、ビタミンAなどが子供の成長に母乳を通して影響があることが示唆されていました。

アサヒグループの和光堂といえば、赤ちゃん用品などお世話になっているご家庭も多いと思います。妊婦さんの食事ガイドなので授乳中と異なりますが、ビタミンAについての指摘が書いてありました。

ビタミンAは普段も妊娠中も必要な栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があると言われているため、決められた推奨量を守るようにしましょう。特に多く含まれている、レバーなら串焼きを週に1本、うなぎは蒲焼きを週に1回までが目安とされています。続けて多く食べないようにしましょう。

引用:和光堂

カフェドプロテインの1回あたりで摂取できるビタミンAはどのくらい?

カフェドプロテインの栄養成分表示情報をチェックしてみました。

画像

カフェドプロテインの1回あたりのビタミンAの摂取量は140μgとわかりました。

妊娠中の1日のビタミンA摂取量は18~29歳の場合
  • 妊娠初期~中期 650μgRAE
  • 妊娠後期 730μgRAE

μgRAE(レチノール活性当量)

参考:ビタミンAの1日の摂取量はどのくらいまで

ビタミンAの油脂性の動物性食品レチノール。植物性食品から摂取できるβカロテンはカラダに必要相当のビタミンAにしか変換されず過剰にならないとされています。

仮にカフェドプロテインを2回飲んでも280μg。

カフェドプロテインと食事を合わせても過剰摂取にはかなり余裕があるね

カフェドプロテインのたんぱく質が授乳中はよくない?

プロテインは主となるたんぱく質。タンパク質は国内では豆腐や納豆をはじめ大豆製品は数多くあり、ネット内でもイソフラボンの過剰摂取が良くないのでは?という記事があり不安になっちゃいますよね。

授乳婦の食事摂取基準には、1日のたんぱく質平均必要量+15g/日で、推奨量は+20gとなっていました。

カフェドプロテインが一度に摂取できるタンパク質量は20g。

厚生労働省の授乳婦の各栄養素の根拠値から参考にしています。

参考:厚生労働省授乳婦の食事摂取基準

カフェドプロテインは食事で摂取できる推奨量をカバーできそうなんだね。

まとめ

カフェドプロテインは授乳中でも問題なく安心して飲めそうです。

改めて販売元に問い合わせてみよう。

カフェドプロテインの痩せ効果も記事にまとめています。合わせて読んでみてください。

カフェドプロテイン
カフェデプロテイン痩せ効果が気になり試した私の口コミカフェデプロテインはソイとホエイを2種をブレンドした筋肉を身に付けつつ、美容と腹持ちを兼ね備えている管理栄養士が監修したプロテイン。ショ...
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する